MACDとは

MACDとは、Moving Average Convergence Divergenceの略で、日本語に直訳すると移動平均収束拡散法になります。一般的にはマックディーと呼ばれています。

この指標は2つの期間の異なる移動平均の差を利用したテクニカル指標で、相場のトレンドを分析する投資手法です。

MACDで使用される移動平均は指数平滑移動平均と呼ばれ、直近の価格ほど比重が重くなるよう計算するのが特徴です。

さらに、MACDの値を一定の期間で単純平均したシグナルが利用されることもあります。

上図では、白の縦棒がMACDで、赤ラインがシグナルになります。

一般には、ゴールデンクロス(MACDがシグナルを下から上へクロスした場合)が買いのサインとなり、反対にデッドクロス(MACDがシグナルを上から下へクロスした場合)が売りのサインとなります。