ローソク足の見方

日本で生まれたローソク足ですが、現在は世界中の投資家の間で使われています。

ローソク足は、レートの価格推移を分かりやすく表したもので、ローソク足が時間の経過とともに連続して、ローソク足チャートを形成していきます。

ローソク足には、ある単位期間の始値・終高・高値・安値と、4つの価格が含まれています。

  • 始値:単位期間の最初の価格
  • 終値:単位期間の最後の価格
  • 高値:単位期間内の最も高い価格
  • 安値:単位期間内の最も安い価格

始値よりも終値の方が高いものを陽線、始値よりも終値の方が安いものを陰線と言います。

また、単位期間が1日のものを日足、1時間のものを1時間足、1分のものを1分足と呼びます。

ローソク足は、始値と終値の価格水準で実体が作られ、高値と実体の価格差で上ヒゲ、安値と実体の価格差で下ヒゲが作られます。

ローソク足チャートのほかに、ラインチャートやバーチャートなどがありますが、私はローソク足を好んで使っています。

ローソク足は、相場の強弱を分析するに非常に重要な手掛かりになります。